財産目録なんて作ったことないわ。どうやって作るの?

ふじい行政書士

愛知県で【相続手続・遺言作成】を専門に行っている女性の行政書士です。
「財産目録」といっても、そんなに形式はこだわる必要はないですよ。どこかに提出するわけではなく、相続人同士で話し合うためのツールなので、簡単に表を作るだけでもいいですよ。
合計金額を正確に計算するためにも、エクセルなどの計算ができるソフトがお勧めです!
ここでは、財産目録の見本と、財産の評価方法についてご説明しますよ。

【この記事の信頼性】
遺言作成や相続手続を専門に行っている行政書士自らが書いています。
・実際に業務で150件以上の相続手続を行っており、豊富な経験に基づいたアドバイスを記載しています。
・建前と本音(実務)をあわせて掲載しており、単なる知識だけではなく、実際の手続きでお役に立てます。

財産目録の見本

財産目録の見本ってないかな?何も無しだと作れないわ。

ふじい行政書士

ここでは、財産目録の見本をご紹介しますね。
必ずしもこの通りに作らなくても大丈夫ですよ!
下の表からダウンロードできます。

財産目録見本Excel

相続財産の評価方法

やっと財産目録ができたわ。
でも、預金は金額が分かるけど、不動産っていくらで評価したらいいの?

ふじい行政書士

不動産や株などの相続財産は評価方法が決まっていますよ。細かく言うと、相続税申告する場合の評価方法が決まっているのですが、相続税申告しない方も同じ評価方法を使っていいですよ!
それぞれの財産の評価方法をご説明しますね。

財産評価方法
不動産いくらで評価する?相続における【不動産】の評価方法
株式いくらで評価する?相続における【株式】の評価方法

相続税がかかるか確認しましょう

よしっ。財産目録ができて、金額も全部計算したわ。これでOKよね?

ふじい行政書士

ちょっと待ってください。
相続財産総額がわかったところで、相続税申告が必要無いか確認してみましょう!相続税申告は10か月という期限があるため、必ずチェックしましょう。

お気軽にお問い合わせください。0587-50-9878受付時間 9:00-18:00
[ 土・日・祝日含む ]

お問い合わせ