親の公正証書遺言があるかどうか調べる方法


亡くなった方が公正証書遺言を遺しているかどうか、確認する方法があるのをご存知でしょうか?
詳細について、ご説明致します!

公正証書遺言を確認する意義

方法を確認する前に、そもそも公正証書遺言があるかどうか調べる必要があるのか?と思われるかもしれません。
しかし、相続では、自筆も含めて、遺言の有無ははじめに調べておいた方がいいです。

せっかく、相続人を確定して分割を話し合っても、後から遺言がでてくると一からやり直す必要がでてきます。
遺言があれば、遺言の分割が優先されるため、もし故人が遺言をのこしていそうであれば、最初に確認しておいた方がいいと思います。

「絶対に無い」と言い切れるのであれば、あえて検索する必要はありませんが・・・。

調べる方法

調べる場所

全国どこの公証役場でも、公正証書遺言の有無を調べてもらうことができます。
家でネットでとかは無理です。
調べるのは、あくまでも公証人なので、依頼して調べてもらいましょう。

誰でも依頼できる?

遺言者が生前中は、本人しか依頼できません。(推定相続人であっても不可)
遺言者が亡くなった後は、法定相続人、受遺者、遺言執行者などの利害関係人ですが、法定相続人以外はそもそも遺言の中を見ないと分からないかもしれません。

古い遺言でも検索できる?

検索システムは、「平成元年以降に作成された遺言」のみ調べられます。

検索依頼に必要なもの

①被相続人の死亡戸籍
②依頼者の利害関係が分かるもの(戸籍等)
③依頼者の身分証明書(運転免許証等)



公正証書遺言を作成した場合、原本は公証役場に保管してあります。
遺言者本人も正本と謄本をお持ちのはずですが、探すよりも検索した方が早いという方もいらっしゃるかもしれません。

後から出てきて、思っていたのと全然違う分割方法が記載されている可能性もあります。
むしろ、わざわざ公正証書遺言をのこすぐらいなら、生前は言えなかったけど、相続人に伝えたいことがあるのかもしれません。

もしかしたら作っているかも・・・と可能性があるのであれば、一度検索を依頼してみましょう。

↓お近くの公証役場はこちらから調べられます。
公証役場一覧

お気軽にお問い合わせください。0587-50-9878受付時間 9:00-18:00
[ 土・日・祝日含む ]

お問い合わせ

相続の事ならお気軽にご相談ください